気まぐれ日記

ブラックベリーでサワードリンク♪

2011-07-31 Sun 22:48:42



今年、大豊作のブラックベリー♪
毎日採れるようになってからその都度冷凍庫に保存。
たまりに溜まって総量が6キロにもなりました!
冷凍庫がパンパンに膨れあがってしまうーーー(◎-◎;)!!

そんなわけで、
最近のワタクシ、冷凍庫の整理も兼ねてせっせとサワードリンクを作っております。



第一弾は初収穫分の生ブラックベリーを使って♪
材料
ブラックベリー:500グラム
氷砂糖:500グラム
リンゴ酢:500ミリリットル

果実・糖類・お酢=1:1:1で作るのが基本だそうですが、
お好みで分量をアレンジしてもいいですね。

以上を保存用の瓶に入れ、
氷砂糖の底だまりが出来ないように日に何度かかき混ぜるだけ、
超かんたん〜〜〜(* ̄∇ ̄)/

 

ゆっくり溶け出す氷砂糖も3日経つと形がなくなり、



かき混ぜる毎にふわ〜〜っと甘酸っぱい香りが漂います♪
ほんとは、2週間ほど置いた方がいいのですが、
もう〜〜我慢出来ません!!


イヒヒ、飲んじゃえ〜〜〜っ。



グラスに入れお水で約5倍に薄めていただきました。
フレッシュな香りとさっぱり感、美味しい〜〜〜♪
うん!もうコレは充分なくらいの漬かり具合かも???



3日にしてこの色!綺麗な色でしょ♪



5〜6粒を取り出してヨーグルトに混ぜてみました。
まだまだしっかりとした果実ですがコチラも美味しッ!!

2週間ほど経って色濃くなったところで果実を全て引き上げシロップを漉して出来上がり♪
炭酸で割ったり牛乳で薄めたり、いろいろ試して美味しさを楽しんでいます。
そうそう、お酒で割ってもGOODらしいですヨ。



第一弾と第二弾は飲み干しましたので、先日第三弾めを仕込みました♪
(生でも冷凍でも材料の分量は同じ)
お酢を使ったサワードリンは、疲労回復効果や夏バテ防止に もってこい!
ジャムにするつもりで冷凍保存してあるラズベリー
これもサワードリンクにしよっと(*¨)(*・・)(¨*)(・・*)

おまけ


ブラックベリーの領域にどんどん侵入中のミント。
抜いても抜いても地下茎で増殖中、、、、
もう〜〜知らんわ!と一部放置していましたらこんな花を咲かせました。
ふふふ、ミントの花って綺麗やん♪

コメント

サワードリンク

ベリー 大豊作ですね。あるところにはあるんですね〜

我が家は梅ジュース 梅1キロ+氷砂糖1キロ 簡単ですがもう二人で飲んでしまいました。

今年は梅酢 梅黒酢 練状の梅エキスを頂き 梅エキスは小さいスプーンで舐める感じでいいのですが、ほかの使い道に悩んでました。

サワードリンクの材料として使えそうです。

私のミントの花 この前 撮ってきましたが らっちゃん さんのほうがいいので、載せられないで弱ってます。もう一度出かけないと・・・

いっぱい♪

こんばんは^m^

いっぱい取れましたね。カメムシ君の臭いは大丈夫ですか?笑。
ヨーグルトにかけても楽しめるなんて、いいですね。

ドリンクの色も素敵ですね。

6キロは すごい量ですね!
ベリー狩りでお客さん呼べますよ(笑

うちに ブラックベリーが・・・ 忘れてました
今年は実がちゃんとなりました(10粒くらいですが)

ミントの花って フワフワな感じで かわいいですよね
田んぼの畦に自生している ハッカも同じ感じの花です
(仲間ですものね)
田んぼの草刈りが始まると あたりがハッカの香りでスーっとして
気持ち良くなりますよ(笑

ame3さま
多分今年で4年目になると思います。
去年の収量の4,5倍はあるかも!
梅ジュースも爽やかで美味しいですが梅梅酢、梅黒酢、
練状の梅エキスもだなんて梅づくしじゃないですか!
羨ましい〜〜。
梅は健康にいいですから暑い夏も乗り切れますね。
サワードリンクにお料理にいろいろ楽しんでください。

え!私の写真がですか? ありがとうございま〜す♪
弱っただなんて仰らずに載せて下さいマセネ(^^)/

ようこさま
カメムシって真っ黒になった甘みのある完熟を狙って
群がるんですよ。敵にやられる前に収穫しちゃいました〜〜〜
って中にはクサイのもありましたけど(^_^;)
強烈なニオイのするものは容赦なくポイです(笑)

ほんと綺麗な色が出ました!いろいろ楽しんでいます♪
ヨーグルトとの相性はバッチリよ〜(*^_^*)

hayateさま
凄いでしょ!
ベリー摘み放題なんて看板を掲げればよかった!
そのアイデア頂き〜〜なんちゃって(^_-)
hayateさまのブラックベリー見ましたよ。
来年沢山実をつけますように、、、
ブドウと同じように管理してあげてね〜〜〜(笑)

え″ハッカって自生するんですか!!!
hayateさまのように自然をいっぱい感じながらその
スーっとした香りを嗅いでみたいなぁ。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら