気まぐれ日記

嬉しいことが♪

2013-01-30 Wed 23:55:25



今日のアクセス数は、、、、とブログの管理者ページを開けてビックリ〜〜〜!
な、なんとアクセス数が
ぐぐぐーーーーんとうなぎ登り!
え?!今日に限って、一体どうしたん?!

      アクセス元URLを開くとblog.dtiblog.com/からお客さまが多数ご訪問下さっています、
ウキウキしながらURLをクリックすると、
dtiブログの「おすすめフォトブログ」にワタクシの記事が
紹介されているではないかい!

これで謎?が解けたーホッ。



普段からアクセス数もランキングもぜーんぜん気にならなかったのですが
ふふ、これからちょっと気になるぅ〜ワタクシでR



dti管理人さま、ご紹介下さりどうもありがとうございました(⌒∇⌒*)

で、
記事に全く関係ないのですが、
ここはやはりフォトブログらしく写真を載せることにします。
(ちとピンぼけですが、、、)

京、半兵衛麩

2013-01-30 Wed 22:31:53

遅くなりましたが続きを少々、、、

京都らしいお昼ご飯がいいねえ〜、
なんて言いながら
ササッとスマホを手に取り
食べログのレビューや、カスタマー評価をチェーック!!
(便利な時代になったものですねえ)
☆マーク4〜5の「半兵衛麩」が目にとまりました。


しかし、、、、要予約!
ま、こう言う時は結構運強いワタクシ、ダメ元で電話を入れてみることに。

「はい!お待ちしております」と♪


京都は鴨川、五条大橋のたもとにある「半兵衛麩」は
320年の歴史のある京麩屋さんです。



店内はお土産物がたくさん並べられており
ガラスケースには京料理に使われる細工麩や湯葉が並べられ
その可愛らしさ、繊細さ、美しさにほれぼれ〜(*^^*)



お食事まで少し時間があるとのことで
モダンなお部屋に案内され綺麗に手入れされた庭を眺めながらあられ茶を頂きました。
そしてお二階の資料室へもどうぞと。
資料室では江戸時代の食文化に関する書画や食器が展示されています、
書画の事はサッパリ分かりませんが食器(お弁当箱)はおひな様のお道具を
ビッグサイズにしたような感じ!!!
さすが歴史のあるお店ですねえ、
見るもの全てがワタクシの心をくすぐります。

そしてお料理は
お昼のみの麩料理「むし養い」

むしやしない、、、、
お腹が空いた時に 鳴くお腹のむしを養うための軽いお食事と云う意味らしいですよ。
ふーーーむ、何とも粋!!!



最初はこんな感じで運ばれてきました。

手前から時計回りに
焼麩の炊き合わせ(蓋を取るのを忘れてるッ)生麩のしぐれ煮、焼麩の酢味噌和え、
生麩の田楽、ごはん、生麩の味噌つつみ、生麩まんじゅう。

続きまして


生湯葉のあんかけ      生麩のみぞれ椀


三種の湯葉の唐揚げ   生麩の白味噌仕立て

以上完食なり〜〜〜♪
ヘルシーでボリューム満点でお腹がいっぱいになり、
むし養いどころではなかったなあ。


美味しさは家族にも分けなくちゃ、と言うことで



生麩と焼麩と麩まんじゅうをお土産に買って帰りました。



帰宅すると家はもぬけの殻、、、、、
イヒヒ、麩まんじゅうをパクっ(o ̄∇ ̄)/

京都、池坊会館で(^^)

2013-01-23 Wed 21:13:06



昨日は京都まで行ってきました♪
池坊会館にちょっと用がありまして、、、、、。
まずは生け花の発祥の地「六角堂」にお参りし隣接する池坊会館へ。


一階のフロアーに入るとチチチチチ〜〜〜♪
池坊会館は11階建てのビル、なのに小鳥???
迷い込んだのでしょうか、、、
鳥好きのワタクシには放っておけない可愛らしい鳴き声、、、
キョロキョロしながら奥の方へ行ってみますと、



白樺が木立つ巨大なバードケージに小鳥〜〜〜w( ̄▽ ̄)w



可愛らしいおウチがぶら下がり数種類の小鳥が忙しなく出たり入ったり。
さえずり飛び交い、まさに鳥の楽園〜〜〜♪
見ているだけで顔がほころびます。



あの白い小さな子、ワタクシと目が合ったまま、、、、、、
あーーー、連れて帰りたーい、オイオイ( ̄~ ̄;)



小鳥は11種類も!!!

ところで用は???
ははは〜短時間で切り上げてまた小鳥の所に戻ってきてしまいました。
やっぱりココがいいわヾ(* ̄▽ ̄)ノ


とことん小鳥に遊ばれゴキゲンなワタクシでしたが立ちっぱなしのせいか
足は疲れお腹はペコペコ。




お昼は京麩で有名な「半兵衛麩」で。

続く、、、

オタフクナンテン

2013-01-20 Sun 10:21:24

先日の風が冷たくみぞれ混じりの日、所用のため宝塚へ。
その途中、車中から目を疑いたくなるような光景に出くわしました!



冬枯れした何とも寂しい田園風景の中での真っ赤な絨毯!
赤茶けた植物が、ずらーーーーッと植栽されています。
この赤い葉は何ぞや!!!

これは素通りするわけにはいきません、
一端車を止め、
とことこ、、、いや一体何なのか早くこの目で確認したいので次第に急ぎ足、、、



近くに寄ってみると草丈が50センチくらいの低木樹、
うーーーむ、葉っぱの付き具合からナンテンみたい。

下葉をせっせと掻き取るおばあちゃんにちょっと声を掛けてみることに。
(作業の手を止めてしまいスミマセン、、、)

「これはオタフクナンテン言うてな、
 冬の寒さで葉が赤くなりぬくうなる春には緑の葉に戻りますねんで」
ナンテンには間違いないけど真冬に紅葉するナンテンがあったなんてw(゚o゚)w



赤色、黄色、黄金色の美しいこと!
この燃えるような葉色を見ているだけで体がぽっかぽ〜〜〜♪

まじましと眺め回し色んな角度から写真を撮りまくりましたよ。
余りにはしゃぐのを見かねたのでしょうねえ、
「隅っこの一株を持って帰りなはれな」とおばあちゃん。
そ、そんな、、、

こんな綺麗に整列してるのに一株抜いたら歯抜けになってしまうやん、
ここはご親切だけを有り難くちょうだいすることにしましょ。

ホントは喉から手が出る程欲しかったんですけど f  ̄. ̄*)





ナンテンと言えば、、、

お正月花に使った庭のナンテンですが、
まだ実付きの良い枝が残っていたんですよね、



一枝を折って壺に生けてみました♪

遅ればせながらご挨拶を

2013-01-10 Thu 23:54:35

超がつくほど多忙な年末年始が過ぎ、
あれよあれよと言う間にもう10日、
そろそろお正月のお飾りを片付けて日常の生活に戻らなくちゃ、、、
その前に
遅ればせではございますが

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。


我が家の元日は





家族が揃い大晦日に完成したおせち料理と
ほんのり甘い白味噌仕立てのお雑煮の椀で新年を祝いました。



一の重                二の重



三の重

巳年のおせちは少し手をかけたつもりでしたが
お重に詰め終えてみれば、
あららぁ、、、昨年と同じような感じ、、、。

 


ロウバイの一枝とお重のお飾りに使ったナンテン、センリョウ、松は
小さな花器に挿すとお祝いの席がぐーーーんと華やかに(*^_^*)

家族の一年の健康と幸せを願ってせっせと手作りしたおせち料理を囲みわいわい。
今年は家族が増えさらにり賑やかなお正月ヽ(*⌒∇⌒*)ノ




七日は
白粥にお鏡餅を入れ畑のミズナとカブ、大根で
あっさり塩味の七草がゆならぬ三草がゆ!?
を作っていただきました。
よし!これで今年も無病息災〜〜〜!


今年もゆっくりですが更新してまいりますので、
どうぞよろしくお付き合いの程、お願い致します。

皆さまにとって平穏で幸せな一年となりますように♪(* ̄ー ̄)v