気まぐれ日記

わらびを使って

2010-04-27 Tue 12:35:39

2日間べったり畑仕事に専念しておりました。
肩はこるし腰は痛いし・・・・・・・なかなか疲れがとれません。
毎晩ストレッチや軽いマッサージもしているのに効き目なし。
うわ〜〜〜歳を感じるぅ〜〜(_ _。)・・・シュン
こんな調子なので1〜2日パソコンから離れておりました。

さて、前記事のわらびですが、



藁灰を綺麗に洗い流し一晩水に浸けておきました。
こんな綺麗な色に!!!!!!程よくあく抜きがでたようですね。



このわらびを使っての晩ご飯のおかずは、わらびの三種盛りと洒落込みました♪



左から、ごま和え、梅カツオ和え、マヨネーズ和え。
わらびの持ち味を生かしやさしい味付けにし、小さなおかずにしてみました。
なんだかおつまみみたいな感じですが、コリコリとした食感と適度なヌメリ、
これがご飯にも合うんです〜〜〜♪



こちらは先日作った「筍すし」
酢飯にあま〜く煮た筍と木の芽を混ぜるだけ 。
旬の山菜のお寿司はシンプルに、が一番かもヾ(* ̄▽ ̄)ノ

今やスーパーなどで筍やわらびの水煮が売られており、
手軽に春の味を楽しむことができますよね。
けれど、自然の中で育った山菜の風味はやはりオイシイ〜〜〜〜。

「春やな〜〜〜」としみじみ感じるここ一週間の食卓でした。

ワラビ摘みました♪

2010-04-24 Sat 02:45:07

春は山菜の季節♪
この時季にしか味わえないワラビを摘んできました。
持ち帰ったらすぐに下処理です。
山菜って時間がたってしまうと、鮮度が落ちあくが強くなるんですよね。
いろんな方法で下処理できますが、ワラビはこの方法で!
藁灰(わらばい)であく抜き〜〜〜(o ̄∀ ̄)ノ
ちょっと面倒なんですが、美味しくいただくための一手間!



くっついている落ち葉や雑草を取り除き、



洗わずに、茎に生えてる産毛を軽くこすって落とし
根元の堅い部分を手で折れるところでポキポキ折りながらバットに並べます。



野菜の敷き藁をカットし庭で焼いて藁灰をつくります。
何かを燃やすことなんて滅多にありませんからね、ここは慎重に慎重に(^^;)



冷めた藁灰をふりかけ、



全体にしっかりとふりかけると、こんな感じに。



熱湯をかぶるくらいまで注ぎ入れ、ワラビが浮いてこないように落としぶたを
します。ちょうどいい落としぶたがなかったので、ここはお漬け物用の重しを乗せましたが。
この状態で一晩おきます。
あとは綺麗に洗って水に浸けてあく抜き完了〜〜〜〜!

山菜の美味しさって、あく味ですよね。
この方法であく抜きすると適度なあくが残り歯ごたえもありとてもオイシイです。

自然の中で育ったワラビ、、、晩ご飯はワラビ三昧になるかも♪(* ̄ー ̄)v
 

ビオラたちの季節

2010-04-20 Tue 23:54:38

とても賑やかな季節が巡ってきました〜〜〜〜。
元気いっぱいの丸いころころした花形の種蒔きビオラたちです♪
花壇やプランターで可愛い姿を見せてくれています。





どのビオラにも、ちゃんとした品種名があるんですよ。
たぶん、ビビシリーズのなんとかのなんとか・・・・・。 
種袋はどっかに行ってしまうし、それぞれにタグも付けてなかったし、さっぱり。
(ほんまいい加減なことですわ)
ま、品種名はなんでもいいです〜〜みんなビオラに変わりないですから♪
同じ花色でそろえるのも綺麗だけれど、ばらばらなのも楽しいものですね。



この場所は爽やかなブルー系で纏めてみたつもり。
ビオラとわすれな草が混じって咲くハズなんです、
でも、わすれな草、どうしたんでしょう〜まだ花芽も出ていない・・・・・ぐすん。
混じって咲くのを楽しみにしているんだからね〜〜〜早く出ておいで!



後方にはこぼれ種のアリッサム。雑草に隠れていたためにぺちゃんこになっていました。
ほれ!元通りにシャンとしてあげましょ。
どちらを向いてもいろんなこぼれ種の小さな芽や花がいっぱい!思わずニンマリ〜(*^m^*)

なんですが、ニンマリばかりしていられない事態が、、、、、
そのお隣の白いビオラ



ちょっと見てくださいよ!!!
濃い色のビオラは沢山の蕾をつけ、次々に花をさかせてくれるのに
大好きな白いビオラ!どうしたのよおw( ̄△ ̄;)w



ひどいでしょ!こんな無残な姿になってしまって。

バッタが食った???
確かにバッタはそこら中で見かけますが、これはバッタだけの仕業???
虫にとったら白いビオラは美味しいの?
いい香りするの?ただ単に白色がお好きなだけなの?

みんな同じように種から育てた大切なビオラたち。
悔しい〜〜〜〜〜(#`皿´) 
しかしこのように依怙贔屓するのは、一体だれやの。

初物です !

2010-04-18 Sun 01:28:55

朝堀りの筍をいただきました。



関西で筍と言えば京都産、でもこの大阪府能勢町の筍もなかなかのもの!
えぐみが少なく、独特の甘味があります。
湯がいて一晩置いてから「筍ごはん」に、そして次の日は「焼き筍」にして食しました♪



初物の筍はやはり筍ごはんですよね♪
我が家では筍とお揚げさんだけを使ってシンプルに炊きあげます。
鍋底にできるお焦げ!この香ばしさ、たまらなくオイシイ〜〜♪

炊きあがりに摘み取った三つ葉を飾りました。
木の芽があれば言うことないのですが、畑の木の芽は芽吹いたばかり。
まだ摘み取るには勿体ないですもんね。



畑のスナップえんどうです。



見事にたくさんぶら下がっていますよ〜。まだ実入りが完全ではないんですよね、
はい、写真のように痩せています。
でも晩ご飯の献立には必要ですから少しだけ収穫ッ。



下味をつけておいた筍をフライパンでこんがり焼き、スナップえんどうは軽くバターで炒めて
付け合わせに。どうです?美味しそうでしょ〜〜〜♪
筍のシャキシャキ感と痩せていてもたっぷり甘味のあるえんどう。
旬の食材でちょっとした贅沢を味わえました。
春よ、ありがとう〜〜〜(*^_^*)

あ!そうそう〜一本だけ試しに生で干してみることに。 
例の干し編みでネ



さて、干し筍・・・・・どうなんだろう。


※ 
ところで、昨日からdtiのトラブルにより前記事にいただいたコメントがブログ上に
反映されませんでした。
反映どころか削除されているコメントも。
それに昨日アップする予定で下書きで保存していたこの記事も消えていました"w( ̄△ ̄;)"

dtiさーーーーん!どないなってまんねんなぁぁ、ったく・・・・・
ぶつぶつぶつぶつぶつぶつ、一日中ぼやきまくりのワタクシでありました(笑)

コンパニオンプランツ?!

2010-04-14 Wed 16:08:16

人参が植わっていた畝の端っこ。
わたし、こんな場所に寄せ植えした覚えないんですけど・・・・・。



実はコレ、あちらこちらから飛んできた花や雑草の種が作りなした
自然の芸術作品なんです!、、、、、ってオーバーだなぁw( ̄△ ̄)w
このグリーンの中には一体何種類の花や雑草が育っているのかしらねぇ。
ちょっと見てみましょう。


(拡大してごらんください)
背の高い一本の人参の葉っぱを軸にノースポール、バーベナなどの
花や雑草が入り乱れ、こんなにもこんもりとした綺麗な形を作っています。

おお〜〜〜素晴らしい〜〜〜!それに全体のバランスがいいいわ〜〜〜!

勝手にこんな立派な寄せ植え?が出来るなんて面白いなぁ、
それに視覚的にもなんだか楽し〜♪

撮影の後、人参をぬきましたが、トウも立たず腐りもせず生き生き!
野菜と花と雑草、互いによい影響を与え合ったんでしょうか。
お洒落な言い方をすれば野菜と雑草のコンパニオンプランツ・・・・・な〜んてね。

それでは、一種類ずつをアップで並べてみましょう。

人参                      バーベナ 


カモミール                  ノースポール


ナガミヒナゲシ                はこべ


雑草



お!春菊の畝にもおなじような寄せ植えが( ̄∀ ̄*)
こっちはノースポール、ホトケノザの勢いがすごい。
肥料分の多い畑だもの、花も雑草も生育し放題なんですね。

このままテラコッタに植え替えたら、立派な寄せ植えが出来上がるやんね(*^m^*)